ECILA RIP

思い出したように何かを書き留める

CHUMS福袋争奪戦でWeb知識が活きた話

f:id:ecilavip:20190205104724j:plain

完全に雑記です

新年も明けて久しいですが、今更ながら福袋争奪戦(ネット上)に参加しました。 ここになって断っておきますがBOT作成的な話ではありません。全部手動で戦います。

狙うブランドは「CHUMS」。アウトドア系のブランドで、ペンギンみたいなロゴ*1が特徴です。バッグとかで見たことがある人が多いかもしれません。

元々母親が好きなブランドで、自分もその影響か、そこそこの枚数のCHUMS服を持っています。

f:id:ecilavip:20190205104922j:plain
®CHUMS


さて、福袋というものは新年に発売されるものですが、1月終盤に再販されることになりました。売れ残りの詰め合わせ感が否めません。

一方で山田家母上、新年の福袋戦争は予約サイトのサーバー落ちに手も足も出ず完全敗北。未練が残っているのか、ある日こんなLINEが。

f:id:ecilavip:20190205105500p:plain
「予約頼んだわ」と言わんばかりのLINE

というわけで予約を引き受けました。水曜日の16時が勝負になります。


事前に分かっている情報を整理します。

  1. CHUMSの公式サイト(通販サイト)はリニューアルされたばかり
  2. 福袋の予約は通常の販売と同じ手順
  3. 住所の事前登録はあり、支払い登録はなし
  4. 新年の福袋戦はサーバーに繋がらなく、繋がった頃には完売

1. から、公式サイトは割とモダンな仕組みになっていると予想されます*2某案件みたいなクソWebでなければ、ある程度のお約束が通じるはずです。

2. 3. から、入力の手間も考えて支払い方法を代引きにすることで、なるべく入力を少なくする方針にします。

4.から、サーバーが完全に落ちているわけではなく、買えている人は買えていることがわかります。

つまり、パワープレイで勝てるわけです。Webサーバーサイドエンジニア的には恐ろしい話ですが、仕方ないかもしれません。今回に限っては僕もエンドユーザーです。


いざ戦いの日です。16時になり、公式サイトに飛ぶと、案の定繋がりません。ここで、GET(HTTP的に)メソッドであろうページは cmd+R でリロードを連打します。POST(HTTP的に)メソッドであろうページは、前ページに細心の注意を払いつつ cmd + [cmd + ] でブラウザバックを繰り返します。

これを繰り返すこと5分、やっと注文確定のページまでたどり着きました。注文確定ボタンを上記の方法で連打すると、複数発注になってしまう可能性があってハドソン*3なので、祈りながらボタンを押します。

今回は無事に注文完了の旨が画面に表示され、注文が確定しました。


タイトルを見ると「おー!すごそう」みたいな感じですが、蓋を開けてみるとこんなもんです。すいません。だから雑記なんです。

複数発注になってしまう可能性 などもあるので、安易に周りに薦めるべき手法ではありませんが、Webの知識があると少し有利だなと痛感しました。それだけの話です。

以上、久々に自分の職業で得した話です。くれぐれも真似は自己責任でお願いします。

そうそう、ブログネタは死ぬほどあるのですが*4、なかなか更新できないでいます。難しいものです。

*1:正確にはカツオドリだが

*2:モダンである、というよりかはレトロではない、が正しいかもしれない。知らんが。

*3:Hard 損のこと。爆損。

*4:一応ネタが浮かぶ度にメモ帳アプリに記録しているんだぞ!