ECILA RIP

思い出したように何かを書き留める

ちゃっかりGTX1080を買った & 認識されなくて困った

f:id:ecilavip:20180902052304j:plain 買っちった(しまりんの画像)

こんにちは。えしらです。今回はGTX1080を買ってしまったので、その理由、差し替え時に詰まった点、体感などを話していきたいと思います。

先週は季節はずれのウィルス性の胃腸炎をゲットしました。やっと治りました。嬉しかったです。

散財に散財を重ねる奇行!その正体は

そもそも、僕のPCは今年の5月にフルで新調しています。*1スペックは上記のツイートの通りで、普通に使ってれば5年以上持つだろ、みたいな心持ちで買いました。GTX1060/6GBはコスパを重視して選びました。そもそも僕はそこまでゲームに画質を求めないので、十分です。こんなスペックでも、PUBGでそこそこの画質を維持しながら快適に生配信が出来ます。

ただ、1つだけ、不満がありました。

それは、GTX1060の端子が3つしか無いということです。僕の環境は、メインディスプレイ+サブディスプレイ+液タブ*2という形になっています。3つあれば十分です。しかし、HTC VIVE(VR機器)を買ってからは話が変わります。どうあがいても一個オミットする必要が出てきしまうのです。最初は液タブをオミットしていたのですが、VRの世界に片足を突っ込んでからはデザインもモデリングもやりて~!みたいな気持ちになってしまいました。

そこで、1つの案が頭を過ります。

「グラボ買い換えれば良くね?」

そう、多くの人は「VR用にスペックアップ目指したんでしょ」みたいなことを思ったかもしれませんが、出発点はそこではありません。端子数です。*3

さぁ、グラボ選び

乗り換えようと決まったら後はグラボ選びです。すでに使っているのが、玄人志向のGTX1060 6GBモデル。どうせお金を出すのであれば、これ以上のものに乗り換えたほうがコスパは良いです。

そこで候補に上がるのは、GTX1070、GTX1070ti、GTX1080の3つです。1070は1060と比べて性能の上がり幅が微妙なので、5万円ちょいという大金を出すのは勿体無いなあと思い速攻で選択肢から消えます。GTX1070tiとGTX1080で悩みます。値段が1万とかそこいらしか変わらなくて1080買えるなら1080でいっかという気持ちに落ち着きました。*4

グラボ選びにおいて、往々にしてメーカーで迷いがちです。パソコンに詳しくない人は「GTX xxxがほしいんだけどメーカーいっぱいあってわかんなーい」と言いがちです。僕もそう思います。

しかし、今回は端子のためにグラボを買い換えるので、そこを考慮しつつ選びます。そこで目に止まったのがASUSが出しているGTX1080です。これはファンが3つあったり、オシャレに光ったりと、まぁ色々特徴がありますが、なんと言っても端子が「DVI, DP2, HDMI2」となっている点がベリーナイスです。普通のやつは大体DPが一個多く、HDMIが一個少ない「DVI, DP*3, HDMI」という形になっています。これは現状とても嬉しいことです。というか大して見ることの無いケース内が光ってようがどうでもいいです。世の中端子によって偉さが決まります。本当です。*5

f:id:ecilavip:20180902054612p:plain

届いたので開封して接続

f:id:ecilavip:20180902055103j:plain

あっオシャレ

f:id:ecilavip:20180902055114j:plain

あっカッコイイ

f:id:ecilavip:20180902055146j:plain

あっスッキリ(はじめて開けた)

f:id:ecilavip:20180902055214j:plain

あっデカイ!

f:id:ecilavip:20180902055243j:plain

あっ

f:id:ecilavip:20180902055415j:plain

あっあっ……

f:id:ecilavip:20180902055440j:plain

悪い夢だったようだ。よかったよかった。入らなかった時は焦りました。気を付けつつ気合でケースを捻じ曲げれば入ります。ツクモBTO製のPCを使ってる人は是非お試しください。

あれ?認識されんぞ?

差し替え自体はそこまで苦労無く済みましたが、問題はこれで一発認識するかどうかです。前にGTX560tiからGTX960に差し替えたときは何のトラブルも無く認識されました。しかし、今回はなぜか認識がされませんでした。大焦りです。7万をドブに捨てていいのは石油王とヒカのキンくらいです。*6

補助電源などの接続などはすべて整っている状況から見ます。

グラボに繋いでいるディスプレイを抜き、一枚に絞る→映らず
グラボに繋いでいるディスプレイを全部抜き、オンボードに一枚繋ぐ→映る
↑の状態でBIOS設定画面に行き、「Primary Display」をPCIEにする。その後グラボにディスプレイを繋ぎ直し起動する→映らず
もう一回オンボードに繋いでみる→映る
もっかいBIOSの設定画面に行ってみる→「Primary Display」がCPUになっている
BIOSの設定画面で、「Primary Display」をAutoにする→映った!!!

この間にBIOSすら付かなくなることがありましたが、その時はPCを電源から抜いて、電源ボタンを何回か(祈りながら)押し、放電させるとうまくいきました。

f:id:ecilavip:20180902060325j:plain

何はともあれ映りました。接続完了してから、このゴールに至るまでに1時間もかかりました。調べても良い情報が出てこなかったのが敗因です。同じような感じで困っている人がいたら紹介してあげてください。

というわけで体感

さてさて、ここまでやって、やっとゲームプレイです。体感スペックですが、ぶっちゃけそこまで感じません。と言うか、GTX1060がコスパ重視と言われている割に優秀すぎるのです。PUBGもMHWもVRChatも配信も普通にサクサク動くので、そもそもスペックを求めていないというのがあります。完全にバカの買い物です。ARKとかやったら差を感じるんだろうか。強いて言うなら、スペック的余裕が出来たおかげで攻めた画質設定でゲームプレイが出来るようになった点が挙げられるかもしれません。PUBGも最高画質で配信してみましたが全く問題ありませんでした。やったね。

一方で、VRの方では圧倒的差を感じました。その理由は以下のブログに詳しく書かれていますが、端的に言うとグラボが強ければ強いほどVR内で繊細に描画が行われるという現象が起きます。

indiegame-japan.com

GTX1060はVR Readyと呼ばれているグラボです。VRゲームを動かす分には(よほど重いゲームで無ければ)十分なものです。しかし、VR世界内で文字を読みたい!だとか、気持ちよく過ごしたい!となると、どうしても強いグラボが必要になってしまいます。ゲーミング環境もVR環境も無いという人からしたら、ここは凄い悩みどころだと思います。が、僕的には「10万でGTX1080ti買うくらいなら10万(とちょっと)でVIVEとGTX1060を買えよ」って思っちゃいます。だってVR楽しいもん。

あとがき

なんかよくわからん記事になった。

*1:社会人としての初任給で買うと心に決めていた

*2:絵の練習もしないのに

*3:買った理由を聞かれてこう答えたら、えすてる君に「そんな理由で1080買うバカはお前くらいだ」と言われました

*4:落ち着いていたらこんな買い物しない説もある

*5:自作PCをしていた父上は「多いほうが偉い」という理論でDVDドライバを2個積んでました。今でも意味が分かりません。

*6:あとてつやも